やりたいことを自分の思い通りにやる」と強く願うあなたへ!

理学療法士やトレーナーとしての技術と経験を活かし、その「きっかけ」を届けます!


松本 慶吾

(まつもと けいご)

【経歴】

2005年 九州リハビリテーション大学校(現:九州栄養福祉大学)入学

2008-2022年 医療法人社団 顕鐘会 神戸百年記念病院 医療技術部リハビリテーション科

2021年 東京オリンピック2020メディカルスタッフ 選出 

【トレーナー歴】

2010年 兵庫県サッカー協会医科学委員

2011-2016年 滝川第二高校サッカー部 専属トレーナー(2012年度 全国高校サッカー選手権大会ベスト162013年度 全国高校総体ベスト8

2017,2019年 兵庫県国体少年男子・女子サッカーチーム 専属トレーナー(少年男子:2017年 愛媛本国体出場女子:2019年 茨城本国体出場

2017年~ 姫路獨協大学サッカー部 専属トレーナー(2019年 全日本大学女子サッカー選手権大会 3位

2020年~ フレスカ神戸FC フィジカル&コンディショニングコーチ(2022年 日本サッカークラブユース選手権U15 ベスト32)

【保有資格】
  • 理学療法士 Pyshical Therapist :PT(2008年取得)
  • 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導士 JATI-ATI (2018年取得)
  • SFMA Level 1.2 コース修了
  • Animal Flow Level.1
  • 三学会合同学会認定呼吸療法認定士
  • 赤十字救急法救急員
  • 福祉住環境コーディネーター2級
【学術業績】

学術論文

「利き脚に股関節周囲痛が発生した大学男子サッカー選手の利き脚および非利き脚の特徴」

Journal of Athlethic Rehabilitation No,16,2019

松本慶吾、伊藤浩充、瀧口耕平

「股関節周囲に疼痛を有した男子高校サッカー選手の利き脚の特徴~下肢振り動作のfollow-throughにおける二次元的分析による検討~」

Journal of Athlethic Rehabilitation No,14,2017

松本慶吾、伊藤浩充、瀧口耕平、黒田良祐、藤田健司

「股関節周囲痛を有した高校サッカー選手の下肢振り動作の特徴について」

Journal of Athlethic Rehabilitation No,13,2016

松本慶吾、伊藤浩充、瀧口耕平、酒井良忠、黒田良祐、藤田健司

「足関節内反捻挫に関わるジャンプ着地動作の動的アライメントとその身体的要因ー高校男子サッカー選手における検討ー」

Journal of Athlethic Rehabilitation No,11,2014

松本慶吾、伊藤浩充、瀧口耕平

「高校男子サッカーにおける足関節捻挫の受傷状況と受傷動作の特徴」

Journal of Athlethic Rehabilitation No,11,2014

瀧口耕平、伊藤浩充、松本慶吾


学会発表

腰椎椎間板ヘルニア摘出術後における下肢症状残存症例の術前股関節可動域の特徴」

第52 回日本理学療法学術大会(2016)

「仙腸関節由来の慢性腰痛症に対し,上行性運動連鎖に着目した介入が有効であった一症例」

第51 回日本理学療法学術大会(2015)

「U-15 サッカー選手の有する上肢外傷歴」

第49回日本理学療法学術大会(2013)


講演実績

「基礎から学ぶスポーツ外傷・障害シリーズ 鼠径部痛症候群のミカタ」 

2022年6月25日 スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会主催 

松本からのメッセージ

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

私は理学療法士として15年間臨床を経験してきました。入院(急性期~回復期)、外来、訪問(慢性期)とあらゆる時期のリハビリテーションを経験させていただき、目の前の患者様と日々向き合ってきました。

スムーズに良くなる患者様もいれば、そうでない患者様もいます。

良くならない患者様の場合、「もう年だから・・・」と医者からも告げられ、本人もそのように納得し、あきらめることで現状の自分を納得させようとしていました。そして、私自身もそのように仕方のない状況に対しては、積極的に治療することを次第にしなくなりました。

理学療法士として5年目の頃、トレーナー活動にて一人の選手と出会いました。

その選手は脊椎に先天的な疾患を抱えており鼠径部痛のためプレーが満足にできませんでした

しかし、その選手は当時の未熟な私を信頼しよく相談してくれ、私が渡したリハビリメニューを精一杯取り組んでくれていました。

私はその選手に「不安にならない?」と問うと、

選手は「不安ですけど、やれるだけやってみます。やってみないと分からないし。何かあったら松本さんが相談にのってくれるから

・・・自分が恥ずかしくなりました。正直なところ、私は復帰は難しいだろうと諦めていました。しかし、私はその選手の想いに応えたいと必死で情報を集め、何度も施行錯誤を繰り返しメニューを修正しました。

約半年間のリハビリの末、選手は目標としていた公式戦には出場できませんでしたが、高校最後の公式戦(リーグ戦)には出場を果たし、本人も納得のいくパフォーマンスをすることができました

その選手からは「あの時松本さんがいなかったら今の自分はないです。本当にありがとうございました!」の言葉をいただきました。その時に、「ああ、自分は人の人生に影響を与える仕事をさせてもらっているんだ」と、その選手に気づかせてもらえました。

それをきっかけに私は、目の前の方にどんな背景があろうと可能な限り最善を尽くしその人の望みを叶える手助けをする、そんなセラピストを目標にこれまで自分を磨き続けてきました。

どんな世代であっても身体の構造は同じです。先天的な疾患や術後の慢性期であったとしても、改善する余地は多くの場合残っています。それに気づくことのないまま、または、それを教えてくれるセラピストに出会わないまま自分の可能性を諦めてしまう方々に、そうではないことをお伝えしたい!

そして、そのサポートが私にはできます!皆さまの前に進むチャレンジをご一緒させてください!

お問い合わせ